パーソナルトレーナーになるきっかけ

今回は僕がパーソナルトレーナーになったきっかけを書こうと思います!

簡単に言うと、自分の身体をどうにかしなきゃと思って鍛え始めた、というだけなのですが、自分のようになる前に身体を健康に!と思っていただければいいなと思います。

 

4年前くらいの話です。当時は不動産関係の仕事をしていたのですが、入社4年目を迎えた健康診断で、初めての再検査の通知がありました。

そもそも2年目からすでにEという項目があり、要再検査と書かれてはいました。仕事柄なのかよくお酒を飲みに行く習慣が続いていたので、特に気にせずいたのですが、その年の通告は直接病院から会社に電話がありました。それも健康診断を受けた次の日に、内容もとにかくすぐに来院してほしいとのことで、その時点では何が悪いなどは言われなかったのを覚えています。あまり自分ごととしてとらえておらず、休みの日にでも行こうかなくらいに考えていましたが、会社の総務からもこんなことは今までになかったことだから、すぐ病院に行ってみてくれと言われ、健康診断を受けた病院に行きました。

そこでは、数値が異常だったのですぐに大きい病院で再検査を受けてほしいと、紹介状を渡されました。ちなみにどれくらい異常かわかりやすく言いますと、同僚たちが15とかそのくらいの数値で、前年度までの僕の数値が58くらいでした。そして4年目では1700とかで、けた外れ感がすごく、間違いがあったんじゃないかくらいの気持ちでした。

 

そして言われるがまま再検査を受ける病院に行き、検査をしてもらいました。

やはり数値は異常で、今すぐ入院することを言われました。以前にも喉を腫らして入院をいわれたことがあり、「病院はすぐに入院させたがるな」くらいにしか思っていませんでした。喉の時も本当は入院すべきだったんでしょうが、断って通院することでなんとかなりましたが、今回は断っても全く承諾してもらえず、入院することになりました。それほどの異常値だったんだとあとあとになって思いますが、本来なら出てきてもいい自覚症状が一切出ず、医師も首をかしげながら毎日回診に来ていました。

症状はなくとも、医学的に僕の体は異常で、入院しているうちにたまに怖くなったりしていました。初めて「死ぬのかな。死ぬのはいやだな。」なんてことをあっけらかんとですが考えたりもしていました。

2週間とちょっと入院し、それでも数値は少ししか下がらず、しかし自覚症状はないので、通院にしてもらいました。

結局何が原因かということもなく、病院からもおとなしくしていてくれというようなことしか言われていませんでしたが、仕事もあるのでそういうわけにもいきませんでした。

でも数値はまた徐々に上がり始め、再び健康に対して考えるようになり、この時にようやく自分の身体としっかり向き合わなくてはと思いました。

自分なりにですが健康を考えて、食事を変えたり、睡眠を変えたりとしていきます。通院は勝手にやめました。良くないことなんですが、対策がないので、当時は意味ないなと考えていました!

 

合ってる合っていないは置いておいて、身体は変わっていきました。病院に行っていなかったので、あくまで見た目ですが!

その時は「表情・顔つきが変わった!」と同僚によく言われていました。

体重だけでいうと84kgでピークを迎えていたところから、かなり痩せて66kgくらいになっていました。

中身も入院をしていたころから1年後には良くなっていました!もっともっと健康的になりたいと思い、仕事も営業マンからトレーナーに!

実は退院してから、しばらくしてジムにも通うようになっていました。安静にとは言われていたのですが、僕の考えていた健康のイメージはやはりジムにあるんじゃないかなと思っていたこともあり、少しずつでしたが身体に刺激を与えて、食事も併せてやっていけば、身体は変わっていくのではないかと思い、始めていたことでした。

 

すごく結果論的なのですが、僕は健康というものに気づけたこと、そしてトレーニングに出会えたことで、人生が最高に変わったと思っています。