ウエイトトレーニングと骨の適応

筋肥大や筋力向上トレーニングで骨の成長への刺激になると言われています。

トレーニングによる骨の適応は時間が長くかかり、骨密度の増加には半年からそれ以上の期間がかかるそうです。

骨密度の増加には、特異性、漸進性、過負荷、多様性など筋肉への刺激と通ずるものが多いです。

どのようなトレーニングによって骨の強度を増加できるかと言いますと、複数の関節が関与し、脊柱や股関節を体軸支持させるトレーニングが適しています。スクワットやショルダープレスといったトレーニングが進められています。

筋トレしていれば、骨も一緒に強くなってくれる感じがしますね。ポイントは複数の関節を使い、脊柱や股関節を軸として行うトレーニングがより良いということですね。