エネルギーを得る仕組み

筋肉収縮のエネルギー源は、ATP(アデノシン三リン酸)という物質です。

ATPの原料となるのが、糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素で、エネルギー酸性に関わることから、熱源栄養素とも呼ばれます。

糖質と脂質がメインで使われ、タンパク質が使われるのはそれら二つが不足している時やタンパク質が過剰な時に限られます。

ATPの合成過程には、筋肉内に蓄えられているクレアチンリン酸(CP)を分解して合成する過程と糖質の分解による過程と、クエン酸に始まる円環的な化学反応による過程の3つがあります。

 

ウエイトトレーニングでは、主に糖質の分解による過程=解糖系が働きエネルギー産生を行います。

糖はある程度、筋肉や肝臓に蓄えられていますが、足りない時は脂肪を糖に変換して使います。

トレーニングと食事とあわせて行うことで、痩せるだけでなく、鍛えるだけでなく、ボディメイクになります。