オーバートレーニング

極度の疲労、疾患、傷害につながる過度のトレーニング頻度、内容量、強度により定義されています。

オーバートレーニングが続くと、パフォーマンスの停滞、低下を引き起こします。

無気力や燃え尽き症候群もこれにあたるといえます。

短期間で回復しにくく、数か月続くケースもあるそうです。

安静時の心拍数上昇や血圧の上昇もオーバートレーニングの症状にあり、あわせて気分の乱れ、運動能力の低下など感じたら、休息をお勧めします。