スクワット

フロントスクワット
(バーベル持たない場合は、肘と肩が同じ高さになるように手を挙げておきます。)

・胸を張り、大きく開く姿勢をつくります。
・頭はやや上を見るようにしておくと、胸を張った姿勢を保持しやすいです。
・両足を肩幅かやや肩幅より広く開きます。つま先が左右対称に向いているようにしておきます。
・この姿勢から毎回スタートします。

・背筋を伸ばし、胸を大きく開いた姿勢を保持し、肘と肩が同じ高さになるように保持します。
・体幹部と床との角度を一定に保って、股関節と膝関節をゆっくり曲げていきます。
・かかとが床から浮かないようにして、膝はつま先と同じ向きに向くように気をつけます。
・背中が丸まったり、体幹部の軸が曲がらない姿勢を保持できるところまで下がります。(はじめは、浅めに始めると良いです。)

・背すじを伸ばしたまま、そして肘の高さも下がらないように肩と同じ高さに保持しておきます。
・胸を張り体幹部の角度を保ったまま、股関節と膝関節を伸ばしていきます。
・かかとが浮かないようにし、膝がガニ股・うち股にならないように真っすぐ向けておきます。
・股関節と膝関節を伸ばし、スタートの姿勢にもどり、これを繰り返します。

下までしゃがめないという方、転びそうになるという方、上体が前傾してしまう方、柔軟性や筋の弱化の可能性があります。
これらは、機能的な動きを失うだけでなく、スタイルのバランスを崩している原因にもなりかねません。
お尻が垂れる、お尻が横に大きい、ふくらはぎが太い、腿の前だけ出ているなどなど。

お気軽にご相談ください!