吸収そして排泄へ 大腸

大腸の役目は、小腸で消化・吸収された残りの水分を吸収することです。
小腸から送られてきた消化物はおよそ1.2ℓもの水分量で、このうち1~1.1ℓも大腸で吸収してくれています。
栄養素の吸収はほとんど行わず、小腸とは腸壁の粘膜構造が異なっています。どのように栄養素の分解をしているのかというと、腸内細菌に分解してもらっています。冷えでお腹を下した時は、この水分吸収がうまくできないのでおこるんですね。
また便秘を起こすと、有害物質が血中に取り込まれてしまったり、腸壁にこびりつくことで必要な栄養素が取り込めなかったりと、代謝が上手にできなくなります。そうして代謝が下がることで、脂肪の蓄積を招くのです。
トレーニングも食事も、こうして人体のしくみから見ると、それをしたら痩せるというより、もともと備わっている機能へと正常に戻す、という見方もできますね!