多角的に鍛える

筋肉は一つの部位でも、大中小などメインの筋肉に補助の筋肉が存在したり、単体でも上部や下部、前部や中部後部など分けられるものが多いです。

同じような種目であっても、角度を変えたり、グリップ幅を変えたり、スタンスを変えたりすることで、多角的に鍛える方が身体のラインをつくるに綺麗になります。

もちろん、広く筋肉へ刺激も入り代謝向上や機能向上なども期待できます。

例えば、胸のトレーニングにベンチプレスというものがあります。フラットなベンチ台に寝て行います。そのフラットな台の角度を変えて行うことで、胸の筋肉の上・中・下と分けてトレーニングすることが出来ます。トレーニングしていても胸があまり大きくならないなあなんてことを結構聞きます。ベンチプレスを軸に、角度を変えてやることが一つポイントになります。

また、ダンベル種目も上手に取り入れるなどあります。バーベルと違い作用点が少し自由です。その分自分の効きやすいフォームが取りやすいとも考えられます。

バーベルの方が効きやすい、ダンベルの方が効きやすいなど個人差もあります。自分が効きやすい種目でやると良いです。

また、基本的には可能な可動域でのトレーニングが望ましいですが、その可動域の中で特に収縮局面と伸張局面に分けたトレーニングも効果的です。