家事で代謝を上げる

痩せたいという人でも、筋肉をつけたいなど増量する人でも、基礎代謝というものを軸に運動量・食事量を算定していきます。
その基礎代謝をもとに、その人の一日の推定消費カロリーを出して考えていくのですが、最近運動以外における活動代謝というものが注目されているみたいですね。
非運動性身体活動時代謝というらしいですが、簡単に言うと家事などがそれに当たるそうです。通勤の徒歩や駅での階段昇降など、ほかにもたくさんありそうですが、今回は家事で使われる代謝をピックアップしていきます。
・皿洗い    14~31kcal
・洗濯     15~35kcal
・掃除機    25~57kcal
・料理     27~61kcal
・部屋の片づけ 37~84kcal
(すべて10分間 幅は体重45kg~100kg)
掃除機を40分もかければ100~228kcalも消費できてしまうとは凄いです。

これに対し、運動のエネルギーは
・ストレッチ  18~40kcal
・ウォーキング 27~61kcal
・ゆっくり泳ぐ 45~101kcal
・ジョギング  55~122kcal
と、このような数字です。料理とウォーキングが同じくらいで、部屋の片づけは泳ぐに匹敵しそうなくらいです。
確かに非運動性身体活動時代謝を増やせば、運動しなくても痩せそうなほど消費カロリーはありますね!
皿洗いから部屋の片づけまでそれぞれ10分ずつ行ったとして、118~268kcalです。毎日やると一ヶ月で3540~8040kcalです。
これだけでも45kgの人で500g、100kgの人だと1.1kgほど脂肪だけで落とせちゃうことになります。(これは凄いです。体脂肪率も1%近く下がります。)

家事をしましょうということではないのですが、運動以外でも動くということが大事なんでしょうね。きっとなにもしてないというのに痩せている人には、この非運動性身体活動時代謝が多いということもあるんでしょう。