紫外線

暑さがさり、雨が続いていますね。先週はにわか雨も多かったですが、それはまだ夏の雨でした。

今はすっかり秋雨といった風情ですね。

傘は雨の日だけでなく、晴れた日も曇りの日もさす日傘がありますね。ジムから通りを眺めていても、必ず見かけます。

銀座を歩くマダム達は、紫外線から肌を守るために使用していますね。

もう日差しも弱まっているこのごろですが、紫外線はどうなのか。

曇りの方が紫外線が多いというのは、よく聞きますね。そのため曇りでも日傘をさす方がいらっしゃるわけですね。

薄い雲であれば紫外線の80%以上が通貨するというらしいです。曇りの時の方が特に多いということではないみたいですが、雲しだいでは、晴れた日も曇りの日もほぼ同程度という紫外線量になるんですね。

雲が80%通過させるのに対して、水は95%通過するらしいです。海水浴やプールへ行き、水につかっているその時も紫外線は肌に届いているんです!

また紫外線は目には見えませんが、光ですから、反射する性質もあります。砂浜、コンクリート・アスファルト、水面、芝生や土面でも反射し、散乱光が相当大きくなります。さらに建物内にいても屋外からの10%くらいの紫外線が届いてしまうみたいです!もはや防ぎようがないですね。

日傘って、本当に紫外線カット出来てるの?と思ったことがあります。

傘をさしたり、帽子をかぶれば90%は防いでくれるみたいです! が、下から反射、横からも反射、なんなら建物内にいても反射してくるというので、逃げようがないですね。

光なんでしょうがないです。

少しずつ日に当たっていても日焼けしていきます。蓄積されるものなので、少しでも防いでいくことが大切です。

僕もライフガードの時は、日焼け止めを塗っていました。焼きたくないわけでなく、塗らないとやけどです。笑 塗っても焼けますしね。

最近は飲む日焼け止めなんて、飲むシリーズがイチオシらしいですね。