肥満と疾病

肥満が原因でなりやすい疾病があります。

・糖尿病
・高血圧
・心筋梗塞

などがあげられます。

糖尿病は、増えすぎた内臓脂肪によりインスリンというホルモンの働きが悪くなって起こるタイプがあります。

高血圧は、効かなくなったインスリンを体がさらに分泌してしまい、腎機能を低下させて起こります。

心筋梗塞も、内臓脂肪が増えたことにより、血液を固まらせてしまう作用が働いて起こります。これが脳で起これば脳梗塞です。

疾病の引き金となっているのは内臓脂肪なんですね。

体組成計で、内臓脂肪レベルを出してくれるものもあります。
男性の標準は9、女性の標準は4です。やはり高いとそれだけリスクも高くなります。

内臓脂肪を増やさない、また減らしていくには食事の改善が大切です。

まずは、お腹7分目、21時以降は食べないというようにしてみると良いですよ。