肥満度

世界肥満度という画像をふと目にしました。

先進国を対象としたものであり、アメリカが一位になっていました。

何を以て肥満としているのかというと、BMI25以上という。

25で肥満なんてずいぶん厳しめの判定ですね。

一位のアメリカにはBMI30以上が33%、25以上が68%みたいです。(ちなみに2012年)

日本はどうかというと、BMI30以上が、3.9%、25以上が25.1%で34位でした。図の説明では、ランク外とのことです。

3.9%と聞くと少なく感じるような気がしますが、2012年の日本人の総人口が1億2755万人ということなので、約497万人です。こう見ると今度は多く感じます。

一方、当時のアメリカではBMI30が約1億371万人います。

 

これは単によく聞く程度の話ですが、アメリカ人にとってジムの存在は、通って当然と。逆に、保険制度がどうだからと日本人の健康意識はそんなに高くなく、ジム通いも少なく~、ということを聞きます。

 

さらに余談ですが、スペイン人の知り合いがいて、日本人の体型について話が出た時に彼は、日本人は痩せることに意識がとても向いている。けどそもそも別に太っていないという見解だそうです。はっきり「気にし過ぎ。笑」と言ってました。ちなみに、スペインは同じ世界肥満度の図では、15位。その中の説明では、まあまあ肥満といった感じでしょうか。

 

ジム通いはあたり前なのに肥満が多く、かたやジム通うのは意識が高いという位置づけの日本には肥満が少ないという。

 

日本の健康意識が高まっていることはとても感じます。ジムも増えていて、時間によっては満員御礼です。

もしかしたら海外の「真似」と言っても良いかと思いますが、それでもとても良いことですし、実際に肥満ランキングではランク外ということなんですから。

 

もちろんBMIだけでのランキングですし、30=肥満に当てはまらない方だっているはずなので、本当の肥満はどちらに多いかなんてわかりませんよね。

 

世界的に見れば肥満が少ないにもかかわらず、健康意識が高まりつつある日本人。

ジムの身近さはかなり良くなってきていると思います。

 

食品添加物などの表記や制限も、いつか先進欧米諸国のようになっていくのでしょうか。