脊椎

身体の真ん中で軸となって支えてくれている、いわゆる背骨です。図は右が前です。すでに猫背のようですが、これでニュートラルな状態なんです。

脊椎は24個の骨から構成されていて、頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨に分けられています。

前後に緩やかに描いたこのカーブの形が、頭部の重さを分散していたり、歩行など運動時にもサスペンションのように衝撃を吸収する役割があります。

正面から見て曲がっている状態を側湾といいます。

 

骨と骨は、骨がバラバラにならないように靭帯で固定されています。そして骨と骨の間に椎間板という軟骨があります。これが柔らかいゼラチン状を成していて、クッションの役目を果たしています。椎間板ヘルニアはこれが押し出されて、神経を圧迫している状態です。猫背姿勢だとヘルニアを起こしやすいですね。左側が猫背さん。

反対に、反り腰姿勢の方は、椎弓という椎骨の背中側に恐竜のとげのような出っぱりがぶつりあって、ひびがはいったり骨折することもあります。分離症やすべり症といわれます。右側が反り腰さん。

 

猫背は、腰の筋肉の弱化、ハムストリングス(もも裏)の柔軟性不良が引き起こし、
反り腰は、お尻の筋肉の弱化、股関節の筋肉(ビキニライン奥あたり)の柔軟性不良が引き起こします。

ストレッチやトレーニングで改善することができます。

 

ちなみに、猫の立位のニュートラル(?)姿勢は猫背ではなく真っすぐなんですね。