腸腰筋

腸腰筋とは、総称名で、大腰筋、(小腰筋)、腸骨筋の3つからなります。大腰筋と小腰筋は脊柱から起始していて、骨盤を通り越し、大腿骨に停止しています。腸骨筋は骨盤から起始し、大腿骨に停止しています。背骨と太ももの付け根を繋いでいるということです。

脚を付け根から前に振る筋肉で、歩行や走行などで腿を上げる動作で使われます。

他にも、脚を固定した状態で行ったり、ぶら下がった状態で脚を上げる腹筋運動においても腸腰筋は使われやすいです。

この筋肉が硬いと、姿勢的には反り腰になり、スタイルとしてはお腹が出て見えたりお尻が垂れて見えたりします。

腰痛にもつながったり、ふくらはぎも一緒に硬くなる傾向がありますので、冷え症やむくみ、機能解剖的には足裏を地面につけたまましゃがみこめなくなります。

お尻が垂れるというのは、筋が硬い=常に筋肉が縮まっているような状態ですので、その反対側にある筋肉は常に伸びてしまっている状態といえます。腸腰筋の反対側には、臀筋群があります。お尻の筋肉がのびのびなので、お尻が垂れてしまう原因となりえます。

腸腰筋が注目されているのは、上記の理由からではないでしょうか。改善してあげることにより、美脚・尾尻が望めますね!

トレーニングをしたら、ストレッチでケアをするのも大切ですね!

ちなみに小腰筋がカッコなのは、ない人がほとんどらしいです。