血管

血管には、動脈、静脈、毛細血管があります。

皮膚から見えている血管は静脈で、動脈は体の深部を通っています。

それぞれ3層構造をなしていて、心臓から押し出される動脈の壁は厚く、弾力性があります。

静脈は動脈より圧力を受けないため壁は薄く弾力性も少ないです。

毛細血管は1層の薄い膜で、動脈と静脈を末端でつないでいます。実際に酸素や栄養素を細胞組織に届けて、二酸化炭素や老廃物を回収しているのは毛細血管においてです。

心臓のポンプ作用によって血液が送りだされる動脈に対して、静脈は筋肉のポンプ作用で心臓まで血液を送り返しています。逆流を防ぐために弁があります。

腕や脚の深部にある静脈は動脈とくっついており、血液が冷えないように温めています。

こんなに精巧な構造をいったい誰が作ったのか、という気持ちになっちゃいます。